理事長挨拶メインイメージ

理事長挨拶

磯野理事長イメージ

磯野倫夫 理事長

 皆様、こんにちは。

 平成29年度となり、桜の開花が待ち遠しい中、当法人にも17名の新社会人の職員が入職してくれました。また、新たに鵜沼東町の山田整形外科の山田雄治先生に医療法人社団誠道会のグループに入って頂くこととなり、山田記念クリニックとして新規開業しました。

 地域の福祉の拠点となるべく、医療法人社団誠道会を母体とし平成28年11月に設立した社会福祉法人成光会が、4月に事業所内託児所『ひまわり』を開設、さらに秋にはJR鵜沼駅北約200mに広域型特別養護老人ホーム『菜の花』の開所を控えております。
 施設の特徴としては、入所者の方々の安全に考慮し平屋で設計し、4人部屋10室、個室20室の合計60名の方が入所可能です。透析患者さんなど、医療需要度の高い方でも安心して入所できるよう、近接する各務原リハビリテーション病院が医療に対応いたします。また、介護の思想・方法論として以下のURLのユマニチュードを導入予定です。
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3464/1.html
 ハードの面においては、介護職・看護職の負担を減らすべく、最新の見守りモニターやウェラブル機器の採用を予定しております。
 現在、特別養護老人ホーム『菜の花』の新規立ち上げスタッフを募集しております。興味のある方は、ホームページや電話などでお問い合わせ頂けると幸いです。

 これからは誠道会グループとして、医療法人社団誠道会は社会福祉法人成光会と共に、地域の医療と介護と福祉に貢献していく決意です。

挨拶イメージ

理念
地域に根ざした医療と介護と福祉を
誠の心で実践します
(誠道会の思い)
  • 地域に必要とされる医療・介護・福祉を実践し、その地域の標準となるよう研鑽すること。そして、実践と研鑽を通して地域と誠道会職員各位の安寧を保つこと。
  • 地域のため、法令遵守(コンプライアンス)と組織統制(ガバナンス)を最重要事項と認識し、永続可能な組織の運営に努め、理事長をはじめとする誠道会のスタッフ全員が、明るい将来と感じられる組織を育むこと。
  • スタッフの成長は誠道会の成長であり、誠道会の成長は地域の成長であり、地域の成長はあらゆる成長に連なる事を、究極の目標とすること。

この理念の下、地域と共に誠道会職員一同が安寧を感じられるよう努力していきます。

担当診療科
  • 総合内科
  • 糖尿病内科
専門
  • 糖尿病専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 総合内科
紹介
  • 愛知医科大学大学院卒業(医学博士)
  • 認知症サポート医
  • 認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本リハビリテーション学会
  • 日本透析医学会
ページトップへ移動