老健菜の花5階~利用者様の生活の質(QOL)向上をめざして~メインイメージ

老健菜の花5階~利用者様の生活の質(QOL)向上をめざして~

みなさん、こんにちは、老人保健施設菜の花5階の牧内です。今回はお昼ご飯の様子をご紹介します。メニューはご飯、焼き肉、小松菜とエビのゴマ酢和え、黄桃缶、味噌汁です。おいしそうでしょ!?

IMGP0683

Yさん94歳、いつもおいしいと言われるのに今日は浮かない顔・・・半分も残ってる。どうしたの?と聞くとおかずが大きくて食べられないと・・・どうしたらよいものか・・・さっそく管理栄養士に相談してみました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

管理栄養士の武市です。当施設の食形態は「普通」「一口大」「粗刻み」「刻み(ミキサーに近い)」「ソフト」の5分類とし、利用者様にあった食形態での提供を行っています。その中でY様は「一口大」です。しかし食材によっては硬くて食べれないと訴えがあり、残食されることもありました。そこでケアスタッフ・看護師・Y様、ご家族と相談し、「粗刻み」で提供することにしました。ところが残食は増えるばかり。どうしたんだろう。本人様に聞くと「どろどろしたものは食べたくない。」とのこと。再度みんなで検討した結果、「一口大」に戻し、フロアー職員で食材用ハサミでカットし、もう少し細かくしました。そのおかげでY様の残食は減り、現在も栄養状態は維持され、いつも「おいしかったよ」と声をかけて下さるようになりました。多職種で協力し合い、適切な食事提供を行うことで利用者様に満足していただけることを実感しました。これからも工夫しながらチームで頑張っていきたいです。

IMGP0681

医療法人社団 誠道会
介護老人保健施設 菜の花
管理栄養士 武市 和美 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 いつも細やかな対応で利用者様、大変喜ばれています。ありがとうございました。老健菜の花では多職種で連携を取りながら利用者様に寄り添った介護を行っています。

 レクリエーションではスピード玉入れ。スタッフが引く箱に一瞬のごとく玉を入れていきます。

スライド2

製作としては夏のひまわりをみんなで作っています。このように私たちは楽しく快適な生活を求めていろいろな取り組みを行っています。これからも、多職種共同で取り組みを続けていきたいです!

スライド1

医療法人社団 誠道会
介護老人保健施設 菜の花
介護職員 牧内 恭子

 

ページトップへ移動