第25回日本慢性期医療学会で桂川PTがやってくれました!!メインイメージ

第25回日本慢性期医療学会で桂川PTがやってくれました!!

こんにちは!理学療法士の丹羽達貴です!今回    私と理学療法士の桂川さんで平成29年10月19・20日に開催された「第25回日本慢性期医療学会」にて発表をしてきたため報告をさせて頂きます。

去年も発表させて頂いた本学会ですが今回の舞台は仙台!

  スライド2

牛タン・笹かま・ずんだ餅と食べ物のイメージしか浮かんでこない僕ですが…。その様子を少しながら紹介させて頂きたいと思います。

今回の学会のテーマは「地域が創る慢性期医療 -新たな医療への挑戦-」 でした。僕たちも当院で行っている新たな医療への挑戦を紹介すべく発表を行ってきました!

 3

私たちの発表の内容は

丹羽達貴 理学療法士

●タイトル

「理学療法士として 看護・ケア業務に関わる~アドバンスリハの取り組み~」

●内容

リハビリスタッフが看護・介護スタッフと共に業務を行いつつ連携を図り、個別のリハビリに生かしていこうという新たな取り組みについての紹介。

 

桂川智宏 理学療法士

●タイトル

「当院におけるKTバランスチャートを用いたNSTの取り組み」

●内容

KTバランスチャートという、新しい評価ツールを用いて嚥下褥瘡委員会の取り組みを行った結果、患者様の生活の改善に繋がった活動の紹介。

 

といった内容での発表でした。

我々慢性期医療に身を置いているスタッフとして、この学会から多くのことを学び今後に生かしていける様なとても貴重な学会参加となりました! 

そして!!何と!!

桂川さんが発表された「当院におけるKTバランスチャートを用いたNSTの取り組み」が第25回日本慢性期医療学会 優秀演題を受賞しました!

4

僕も今後このような賞を頂けるように研鑽を積んでいきたいと思います!桂川さんおめでとうございました!!

 

おまけ「僕らの食べた仙台グルメ」

スライド1

 

 医療法人社団 誠道会
各務原リハビリテーション病院
理学療法士 丹羽達貴
ページトップへ移動