東海慢性期学会に参加しました!メインイメージ

東海慢性期学会に参加しました!

こんにちは、理学療法士の杉山です。今回は先月、12月22日に名古屋国際会議場で行われた第22回東海慢性期医療研修会に参加させて頂いたのでそのご報告です。

今回のテーマは「超高齢化社会の医療」~医療・介護・生活支援の3要素と介護医療院の誕生~でした。この学会では、僕のようなリハビリ職員だけでなく医者や看護師、介護士など様々な職種が参加し、多くの意見が飛び交う場となっていました。そんな中で僕も発表をさせて頂きました!

タイトル:当院外来透析患者におけるSPPBを用いたサルコペニア予防

発表内容:SPPBという身体機能評価の点数を低下させる因子を明らかにし、それをサルコペニア予防に取り入れようという研究発表です。

学会参加後は懇親会にも参加させて頂き、そこで行われた表彰式で、なんと!優秀演題に選ばれました!初の受賞でとても嬉しかったです。今回の研究にご参加頂いた方々やご協力頂いた先生方には感謝しかありません。ありがとうございました。これに慢心せず、今後も1歩ずつ精進して行こうと思います。

最後になりましたが、多くのご助言とご指導を頂きました平成医療短期大学 河合先生に深く感謝申し上げます。

次回は日本腎臓リハビリテーション学会に参加させて頂く予定です。

以上、学会報告でした!

 

医療法人社団誠道会

各務原リハビリテーション病院

理学療法士 杉山友斗

ページトップへ移動