誠道会フットサル部「SEIDOUKAI FC」無念の10位!~みてろよ来年…!この悔しさをバネに! の巻~メインイメージ

誠道会フットサル部「SEIDOUKAI FC」無念の10位!~みてろよ来年…!この悔しさをバネに! の巻~

皆様、ついにこの報告をする時がやってきました!去る4月12日(日)、私たち誠道会フットサル部「SEISOUKAI FC」は1年に1度の晴れ舞台に立ったのです。これまで血と涙を流し、鬼の練習を積んで迎えた『第3回GPTFCカップ争奪! 岐阜県病院対抗フットサル選手権大会!』今回はチーム内MVPに選ばれた私、作業療法士の吉田が、激闘の結果を報告させていただきます。

 1428886181453

当日は朝7時に病院に集合、仲良くグループに分かれ、本巣のフットサルアリーナへ向かいました。モーニングで胃袋を満たし、戦闘準備万端です。今大会は岐阜県下の病院・クリニックなど10チームが出場し、2リーグに分かれて戦いました。16人が参加した我が「SEIDOUKAI FC」は、参加選手数が全チームNo.1!!もちろん目指すは優勝のみ!!!!昨年度優勝の県立多治見病院や、優勝候補筆頭と目される大垣徳洲会病院、西濃支部長を擁す大垣中央病院、さらには岐阜県厚生連病院連合チーム…。軒並み強豪チームがひしめく、激戦必至の今大会。私たちはとにかく突き進みました!

スライド1

戦士達のプレーの様子、一杯アップします!

スライド2スライド3スライド4

スライド5

今度は、感動の得点シーンのムービーをアップします!

早矢仕PT&小川OTの連携プレー( ^o^)ノ

堤PTの華麗なカウンターアタック!(^^)!

しかしながら結果は・・・どの試合も接戦でしたが、惜しくも10位に終わりました。僕たちは全力で戦いました。しかし、相手チームも強くて、5試合を行いましたが、結果1勝もすることが出来ませんでした。それでも、徐々に練習の時よりも声が出始め、PT佐々木監督の的確な指示、ゴールキーパーPT吉田のスーパーセーブや平野キャプテンの高速ドリブル、PT金子の太陽のように明るい笑顔など、チーム本来の力を出し切ることが出来たと思っています。どのチームよりも仲間への声掛けは温かく、どのチームよりも大きな声援で、とても素晴らしい仲間との貴重な時間を共に過ごす事が出来ました。大切なのは結果ではないのです!!怪我なく仲良く楽しくすることに意味はあると思います。

でも、やっぱり・・・1勝はしたかったです。来年こそはまず1勝を目指し、継続的に練習をしていきたいと思います。大会会場まで応援に来ていただいた方々、陰ながら応援していただいた方々、本当にありがとうございました。

スライド6スライド7

 

P.S.今回のチーム内MVPは最も活躍した選手ではなく、もっとも笑いを取った選手に送られるものです。(笑)

 

医療法人誠道会
各務原リハビリテーション病院
作業療法士 吉田圭佑
ページトップへ移動