武田章敬先生より教えて頂いた「認知症診療における地域連携のエッセンス」メインイメージ

武田章敬先生より教えて頂いた「認知症診療における地域連携のエッセンス」

先日行われました各務原もの忘れよろず相談会研修会にて、国立長寿医療研究センター在宅医療・地域連携診療部、武田章敬先生より、「認知症の人と家族を支える診療と地域連携のポイント」というお題でのお話しを賜りました。
 

今回の座長は当院の磯野院長です。以前、京都で行われた認知症サポート医研修会にて、武田先生の講義に感銘した磯野院長のリクエストにお応え頂き、実現した会となりました。武田先生は、私の名古屋大学大学院在籍時に御指導頂いたオーベン(この業界では指導医を意味します)でもいらっしゃいまして、この日をとても楽しみしていておりました。武田先生は認知症グループのチーフをされていた事もあり、私達若手ドクター(当時はですが、笑)の駆け込み寺となっていました。大変幸いにも、私は大学院時代に武田先生と入院症例を一緒に担当させて頂く事が多かったのですが、いつも的確なご診断と患者様想い診療スタイルは、神経内科医のお手本そのものでありました。

 スクリーンショット 2015-06-30 08.16.04
ご講演は「認知症の診断と評価」、そして「治療と支援」という2本立てでした。まず最初のスライドは、「残念に思ったり、憤りを感じた医師の対応」という、私達にとってはドッキリから始まりました。特に「予約なのに2時間待たされ、2分で終わりだった」に非常に心当たりある私は、辛い思いがこみ上げてきました(‥;)。にこにこスマイル&優しい語り口調ながら、後進を正しい道へと導くスタイルは、10年前と全く変わられていないと思いました。
 IMG_3937
前半の診断と評価では、認知症に対する最近の考え方、診断法を非常に分かりやすくお話し頂け、そのまま認知症専門医対策となるような内容でした。特に武田先生ご私見の「認知症診療のポイント」は、数多くの認知症症例を診察されてこられた経験に基づかれており、私も即実践したいと思いました。
2015-06-25 20.34.13
後半の「治療と支援」の方では、担当医と患者様、家族様、介護職の方々との関わり方について教えて頂きました。認知症を患われている方の不安や苦悩を、私達がもっともと理解する必要があると思いました。また医師が多職種との関わりで陥りやすいポイントをリアルに教えて頂けまして、大変参考になりました。
 2015-06-25 20.05.46
 
質疑応答の中で、武田先生は「認知症診療の良き地域連携は、紙切れ一枚では実現しません!」はおしゃられていました。患者様目線の診療を貫かれておられます武田先生のお言葉は、何より説得力がありました。認知症の患者さんを地域で支えるためには、私達1人1人が正しい知識とスキルを身につけること、そして認知症診療・介護に対する熱い志が大前提である事を深く学ばせて頂きました。

武田先生ご執筆の書籍「認知症なんでも相談室 – 患者さんとご家族から学ぶ」をここに御紹介させて頂きます。医療介護関係者、また家族の方にとっても、とても参考になる内容と、磯野院長が絶賛していました。

 
今回のお話しは、武田先生ご自身の診療リアル体験から認知症、大変有意義のある内容で、あっと言う間の1時間でした。認知症診療のエッセンスを伝授下さいました事、心より御礼申し上げます。明日からの当院での認知症診療に活かさせて頂きます! 
 武田先生と記念写真2
 
医療法人誠道会
各務原リハビリテーション病院
神経内科 和座 雅浩
ページトップへ移動