回復期リハビリテーション病棟協会 第27回研究大会in沖縄メインイメージ

回復期リハビリテーション病棟協会 第27回研究大会in沖縄

平成28年3月4・5日と回復期リハビリテーション病棟協会 第27回研究大会へ参加し、発表をさせて頂きました。なんと今回の開催地は沖縄です!!めったに来ることのできない沖縄ですので、飛行機に乗り込んだ時点でワクワク ♪  飛行機の高度と共に私のテンションも急上昇です!!会場前で安藤医師との記念撮影。会場となった沖縄コンベンションセンター内は、多くの医療スタッフで埋め尽くされていました。

1

大会初日に行った私の発表は「当院回復期リハビリテーション病棟入院患者におけるFIM利得と自宅復帰の関係」でした。FIMとはFunction Independence Measureの略であり、日本語訳では『機能的自立度評価表』です。医療従事者であれば誰もが一度は目にしたことのある評価指標です。この点数と、退院先が自宅かまたは自宅以外の施設なのかという関係性を検討したものでした。結果としては先行研究と同様に点数が高い程、御自宅へ退院できる可能性が高くなるという結果が得られました。また、全国平均と比較して当院が優れているところ、まだまだ努力しなければならないところが整理され、業務改善へとつなげる事が出来たという内容です。

発表前の様子を安藤医師が捉えていました・・・!澄ましているように見えますが、実は緊張でガッタガタに震えているのです(笑)

2

無事に(?) 発表も終わり、ホテルのレストランにて安藤医師にご褒美を頂きました!! 私の大好物の焼肉です!沖縄なのに沖縄料理じゃないんかい!と思ったあなた、安心してください、食べてますよ!沖縄料理は翌日たらふく頂いております。

グルメな安藤医師も納得の「馬ハラミ」など・・・お酒を控えている安藤医師を後目に地ビールも頂き、本当に幸せなひと時(#^.^#)  御馳走様でした!!

3

 

安藤医師は、総合大雄会病院リハビリテーション科統括部長である木村先生と久しぶりの再会をされたそうです。

⑧

2日間にわたり、全国の病院における取り組みや最新の知見などとても素晴らしい刺激を受けることが出来ました。発表も含めこのような機会を頂けた事と、不在中に現場をカバーしてくれた同僚に感謝し、ブログの締めとさせて頂きます。ありがとうございました。

 

 

医療法人誠道会 各務原リハビリテーション病院
回復期リハビリテーション病棟 リハビリ主任
理学療法士 江頭雅己

ページトップへ移動