新生SEIDOUKAI.FC ~やったぜ念願の1勝 更なる高みを目指して!の巻~メインイメージ

新生SEIDOUKAI.FC ~やったぜ念願の1勝 更なる高みを目指して!の巻~

さあ、ついにやってきました、第4回岐阜県病院対抗フットサル大会(GPTFC)!!去年、全敗という屈辱を味わって、早1年。詳しくは下記ブログ参照。

 誠道会フットサル部「SEIDOUKAI FC」無念の10位!~みてろよ来年…!この悔しさをバネに! の巻~

今年はどんな結果になったのかを理学療法士の堤が報告します。まず、今年はこれだけのメンバーが参加しました。

1462176784187

今年入職したフレッシュなメンバーが新たに加わり、新生SEIDOUKAI.FCとして参加してきました。ただ、珍しいことにSEIDOUKAI.FCにはサッカーやフットサル経験者がほとんどおらず、初心者集団のチームで構成されています。しかし、そんなことは跳ね除けて若さと体力のみで打ち勝とうと誓い合いました。

参加チームは全部で10チーム。まずは2つに分かれて総当たりのリーグ戦を行います。その後10チームの総合順位を決定するというものでした。

それでは、試合の結果を報告していきたいと思います。第1試合目、みんなが緊張する中、接戦が繰り広げられますが、相手が強い。数えきれないくらいのシュートが放たれます。しかし、そこで飛び出したのがキーパー丹羽のスーパーセーブ。時にはもうダメかと思った鋭いシュートも跳ね返し止める姿はまるで誠道会の守護神。そんな姿をみて、僕らも負けてられません。新人の田口君がカウンターから、ほぼ角度の無い位置での鋭いシュート。このシュートが見事相手ゴールに突き刺さり1点を決めてくれました。新人の力、恐るべしです。試合の結果はなんと1-1での引き分けでした。惜しかったですがこれは、僕らのチームでは快挙なんです。なんせ去年は全敗だったからです。今年のチームは一味違うぞと実感できました。

その後も、リーグ戦では3試合行い、すべて接戦でしたが悔しくも負けてしまいました。ここまでの結果は去年と同じです。そして、午後から順位決定戦が行われました。この試合だけは負けられません。そして、この試合が今年一番の熱い試合となったのです。

スライド4 スライド3

まずは試合開始から、両者ゴールを決めようとお互い打ち合いますがなかなか決まりません。ですが途中から、SEIDOUKAI.FCのエース桂川PTを投入し、一気に流れが変わりました。試合の流れが変わり、ついにゴール前で桂川さんにパスが回り、本田ばりの華麗なシュートを決めてくれました。桂川△!!笑 僕が嫉妬してしまうほどの女性メンバーの黄色い声援が聞こえてきます。羨ましい!その後、1点を返されることとなるも、うちのエースは違います。2点目をすかさず桂川さんがクリロナばりのシュートを決めてくれました。その後、さらに1点を返され2-2で試合が進む中、両者お互いにシュートを打ち合います。全員が一丸となって応援し、プレイヤーはそれに応えるかのように頑張っていました。そしてラスト2分ぐらいだったでしょうか。SEIDOUKAI.FCのエース桂川さんが待望の1点をメッシばりのシュートで相手ゴールへと決めてくれました。皆さんお分かりでしょうか。何とこの試合、桂川さんはハットトリックを決めてしまったんです。さっきの嫉妬はどこへやら、桂川さんはシュートと同時になんと私のハートも打ち抜いてしまったのです!!(笑)そして、試合終了のホイッスルが鳴り、この最終試合2-3で、我がSEIDOUKAI.FCの念願であった1勝を勝ち取ったのです。全員で喜びを分かち合いました。

スライド5スライド6スライド8スライド7

念願だった1勝を勝ち取り今年、SEIDOUKAI.FCは10チーム中9位という結果で今年のフットサル大会は幕を閉じました。去年の全敗の悔しさから、リベンジし勝つという喜びを感じることができました。試合終了後はこんな姿がみられました。

スライド2

精一杯頑張ってくれたんだと思います。新人を交えた新生SEIDOUKAI.FCは我が各務原リハビリテーション病院の新戦力として頑張ってくれること間違いないです。来年は更なる勝利を目指して頑張っていきたいと思います!これからも応援よろしくお願いします!!

1

打ち上げはみんなでカラオケに行きました。平野さんのホイミ、いやベホイミ、いやベホマズンばりの歌声で全員のHP(体力)は完全回復されたのでした。(わからない方ごめんなさい。ゲームで使用する回復の呪文ですm(__)m)

 

医療法人社団 誠道会
デイケアセンター みつばち
理学療法士 堤 誠二郎 
ページトップへ移動