卒業生代表としてマイ・サクセスストーリーをお伝えしてきました!(^^)!メインイメージ

卒業生代表としてマイ・サクセスストーリーをお伝えしてきました!(^^)!

去る5月21日(土)、じゅうろくプラザで弥富看護学校の説明会が行われ、私が卒業生代表として体験談をプレゼンして参りました!何故私がセレクトされたか?は、下記をご参照下さいませm(__)m

看護師資格を無事ゲット(^^)/
http://www.seidoukai.or.jp/reha/blog/7755.html

この話を聞きつけた当院副院長&広報部長より、「せっかくの機会、イメージが伝わりやすいようにスライドを使ってプレゼンしては?」とのご提案を頂き、弥富看護学校の副校長先生にお尋ねしたところ、「是非そうして下さい!」という回答を頂き、私のPowerPointデビューとなりました!そこでは、またしても我らのアイドル☆、理学療法士丹羽君に頑張ってもらいましたよ!説明会の1週間前から作戦会議を繰り返し、丹羽君が大急ぎでスライドを作ってくれました!さすがです!!

プレゼンは気合いを入れて望むつもりでしたが、結局日頃の多忙に追われ、発表の練習は決して十分とはいない状態で当日を迎えてしまいました(^^;)。会場に入るなり、めっちゃめちゃ緊張していましたが、特殊疾患病棟の美しきスタッフ応援団(笑)が夜勤明けで駆けつけてくれ、見慣れた顔に緊張も一気にほぐれ、こんな記念写メを取る余裕もできました。また会場には副校長先生や担任の先生、そして母性を担当してくれた先生もみえて懐かしの顔ぶれに思わず涙が出そうになりました。

スクリーンショット 2016-06-15 13.16.55

原稿を書いているとき、20年前に専門学校に進学し2年で挫折した頃を思い出しました。その時は実習が辛く中退し、私は看護師にはむいてない!と他の仕事をしました。でも結局看護師に戻りずっと看護を続けている・・・この仕事は本当に3Kならず5Kとも言われている、きつい職業だと思います。それでも看護師に戻ったのはこの仕事が好きだからです。

しかし、知らないことは患者さんの命に関わることであり、常に進歩し変わりゆく医療を知らなければ看護はできません。准看護師が悪いとは言いません、准看護師でも技術や知識が優れている方はたくさんいます。ただそんな方でも准看護師というだけで活躍する場が制限されてしまうのです。学校に行き知識が増えると、今までこんなことも知らずに看護してきたのか、と今までの自分の知識のなさや看護技術の見直しを考えさせられることも多々あります。根拠がわかると看護の幅も広がります。

学校へ行って得たのは知識だけではありません。協力してくれた家族や職場のスタッフ、共に励ましあった学校の友達、応援してくれた先生方。学校を通じて人とのつながりや温かさを感じる事ができ、私にとってこの2年間は本当に周りの方から支えられてきた2年でした。学校に行くことで気づいた人とのつながりや、看護の奥の深さをより多くの方へ伝えたいという思いで、このような感じで発表させていただきました。病院スタッフみさなんに、盛大にお祝いして頂いた様子、伝わりますでしょうか?

 スクリーンショット 2016-06-15 13.27.00

私の発表の後、副校長先生より、通信制の学校への入学を悩まれていた4人のお子さんをお持ちの方が、前向きに考えてみようと 思って頂けた事、お聞きしました。私の発表で、背中を押す手助けが出来た事、とても×2で嬉しく思いました( ^o^)ノ

このような発表の場を与えて下さった副校長先生、担任の先生、夜勤明けなのに応援に来てくれた当院の飯田ナース&渡辺ナース、仕事の合間に急ぎでスライドを作ってくれたアイドル丹羽君、本当に皆様ありがとうございました!

最後に、、、

もし通信制の学校への入学を悩んでいる方がみえましたら、お気軽に私、山田にご相談ください!いつでも(笑)、どこでも(笑)(笑)、どれだけでも(笑)(笑)(笑)、ご相談にのります!!

IMG_1195 - コピー

 

医療法人社団 誠道会
各務原リハビリテーション病院 
看護師  山田 真弓

ページトップへ移動