日本リハビリテーション医学会デビューしてきました! 吉田ver.メインイメージ

日本リハビリテーション医学会デビューしてきました! 吉田ver.

各務原リハビリテーション病院 作業療法士の吉田圭佑です。6月に京都で行われた日本リハビリテーション医学会にてポスター発表をさせていただきました。今回、その様子と個人的に驚いたことをいくつか報告させて頂きます。

さて6月9日当日、言語聴覚士の田中と共に始発の新幹線で京都へ向かいました。早速ですが、まず1つ目の驚いたこととして…、名古屋から京都まで新幹線で1時間を切るんです。以前行ったプライベートの車旅行では、岐阜から京都まで3時間くらいかかりましたが、新幹線ではその3分の1!改めてそのスピードに驚きと感動を覚えました。その後京都に着きまして、2つ目の驚いたこと…、それは土地の名前や駅の名前が難しいことです。自分にとって京都は、小学生の修学旅行でさえも行っておらず、ほとんどなじみがありません。行動はすべて京都マニアの田中STに頼りっきりでした。そして会場の国立京都国際会館、グランドプリンスホテル京都に入りました。ここで3つ目の驚き…。会場の大きさと参加者の数!!です。初めての全国学会の規模の大きさに圧倒されました。会場に着いたら、すぐにポスターの掲示をしました。掲示後、朝一番でリハビリ統括主任の岸本さん、僕を無事に京都まで誘導してくれたST田中君のポスター発表でした。とても堂々とされており、午後から発表する吉田の緊張は高まりました。

昼食ではランチョンセミナーに参加しました。ランチョンセミナーでは協賛会社からお弁当をいただきましたが、ここで4つ目の驚いたこと・・・。そのお弁当がとても豪華で美味しかったことです!午後になり、いよいよ吉田の発表時間となりました。作業療法士となりまして4年が経ちますが、実は初めての学会発表でした。今回は当院回復期リハビリテーション病棟のFIMの改善と在宅復帰との関係について発表しましたが、和座医師や岸本さん、ST田中君に見守られ無事に大役を終えることが出来ました。ここで5つ目の驚いたこと…。それは意外や意外そこまで緊張する事なく発表出来たことです。これも応援して下さった皆様のおかげだと思います。

 2016-06-09 15.53.28

今回の発表を機に、色んな勉強会への参加や学会での発表をしていきたいと思います。応援をして下さった皆様に感謝です。ありがとうございました。そして、最後までブログを読んで頂きありがとうございます。

 

医療法人社団 誠道会
各務原リハビリテーション病院
作業療法士 吉田圭佑
ページトップへ移動