日本リハビリテーション医学会デビューしてきました! 田中ver.メインイメージ

日本リハビリテーション医学会デビューしてきました! 田中ver.

先に行われました第53回リハビリテーション医学会学術集会において、学会デビューして参りましたストーリーをここに報告します!

私の発表タイトルは「頚部干渉波刺激装置を併用した嚥下訓練の試み~嚥下障害を呈したMSA-P患者に対して」で、嚥下障害による誤嚥が問題となってからの言語聴覚士(ST)介入でしたが、干渉波刺激装置を組み合わせた嚥下訓練を継続する事で嚥下機能が改善、一年以上の長期フォローアップする事が出来てた貴重な症例として報告させて頂きました。患者様が安全に口から食べる事の回復は、まさにST冥利に尽きます!!今回は岸本リハ科主任、吉田OTの先輩お二方と同日に発表できるということに加えて、ポスター作製において多大なるお力添えを頂いた和座医師もご同行して下さるということで、非常に心強く、リラックスした心持ちで当日の発表に臨むことができました。

2016-06-09 08.35.35 - コピー

また、今年のリハ総会では干渉波刺激を併用した臨床研究の発表は自分以外にも何題目かあり、その演者先生方と直接お会いして情報交換をすることができたということも、大きな収穫となりました。

スクリーンショット 2016-08-15 08.57.21

院内外でご支援頂いている皆様と、記念写真ご一緒させて頂きました。心より感謝申し上げます。

スクリーンショット 2016-08-15 08.44.38

こうして無事発表を終えられたこと、加えて京都の地で学会デビュー出来た事、非常に嬉しく思います。自身の言葉で臨床研究結果を発信することができたという事はセラピストとして自信になり、何ともいえない達成感を得ることが出来ました。おまけですが、一乗寺駅周辺のラーメン激戦区デビュー出来た事(笑)、これまたとてもとても嬉しく思いました…。

以上で学会デビューレポートを終わります!

医療法人社団 誠道会
各務原リハビリテーション病院 リハビリテーション係
言語聴覚士 田中 亮太郎
ページトップへ移動