「第4回日本難病医療ネットワーク学会で発表してきました!Ver.丹羽」メインイメージ

「第4回日本難病医療ネットワーク学会で発表してきました!Ver.丹羽」

皆さんこんにちは!理学療法士の丹羽達貴です。前回の金沢での発表に引き続き、今回は第4回日本難病医療ネットワーク学会で発表してきましたので報告させて頂きます。

今回の会場はウインクあいちです!愛知の大学に通っていた私には何度か訪れたことのある会場ではありましたが、目的はもっぱら地下のラーメン屋でしたので(笑)学会発表の為に訪れるウインクあいちは、その頃とは違った荘厳な印象を受けました。

2016-11-18-12-12-10-2

今回は『感情の言語化を活用したリハビリテーションアプローチ~ ALS患者を通じたチームでの連携~』という演題でポスターでの発表となり、外来患者様に対して行った「交換日記」の取り組みについて発表しました。交換日記を通じて患者様とコミュニケーションをとりつつ実際のリハビリを進めていった結果、患者様の「QOL:生活の質」の向上につなげることができました!日記の内容も次第に明るい内容や発言が見られる様になり、書いて下さる文字も多くなるようになりました。

 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-15-45-40

今回のこの取り組みや発表を通して、リハビリに大切な「患者様に寄り添う姿勢」「患者様の声に耳を傾ける姿勢」「チームでリハビリを進めていく姿勢」の大切さを改めて感じつつ勉強させて頂く機会となりました。

最後に日頃より当院の神経疾患診療において多大なご支援いただいており、今回の発表にも共同演者として御指導いただいた岐阜大学神経内科の林祐一先生との写真を載せさせていただきます!この経験を活かしつつ更に理学療法士として成長していけるように日々精進いきたいと思います!本当にありがとうございました!

%e2%98%862016-11-18-17-27-23-5-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

医療法人社団 誠道会
リハビリテーション病院
理学療法士 丹羽 達貴

ページトップへ移動