デイケアセンター みつばちメインイメージ

デイケアセンター みつばち

デイケアセンターとは、介護認定を受けた方で、自宅生活に不安のある方へ、リハビリ専門職による治療や生活動作の改善など利用者様の希望に沿ったサービスを提供する施設です。
みつばちには、日中ご家族が外出して一人になることが多い方や退院、退所後のリハビリを継続したい方、日常生活に不安のある方などが利用されています。
みつばちの特徴としては、(1)利用者様1人1人に合わせたリハビリ、(2)様々な機械を使ったマシントレーニング、(3)集団で行うレクリエーション、(4)広い浴室で身体に応じた入浴、⑤季節に合わせた各種イベントの開催などの様々なサービスを提供します。

みつばちには一日利用と半日利用の2種類があります。

1日利用の特色

1日(9時~16時)の利用の中で、専門職が関わった個別訓練やマシントレーニングの実施、集団でリハビリ要素を含んだレクリエーションの実施や他の利用者様とお話をしたり、将棋や塗り絵等の趣味活動に取り組まれています。

半日利用の特色

午前のみの半日の利用で、集中的なマシントレーニングや専門職が関わった個別訓練の実施、自主的に取り組まれるボールなどを使った体操や、頭の体操の提供をしています。

デイケアセンター みつばち

1日の流れとしては、みつばち職員が朝、ご自宅までお迎えに行き当施設まで送迎します。みつばち到着後は体温や血圧などの体調チェックを行い全員揃ったところで朝の会を行います。朝の会終了後はリハビリ職員による個別訓練やマシントレーニング、趣味活動に取り組まれたり入浴を行ないます。昼食後は引き続き個別訓練やマシントレーニングをに取り組んだり集団でのレクリエーションを行ないます。レクリエーション後はおやつを食べ、ひと休憩した後にご自宅まで送迎させていただきます。

利用料金表
介護保険サービスに関する料金《1割負担分》

この度の法改正で各務原市の地域区分が7級地:3%になりましたので、1単位=10.17円に変更になります。

《介護予防通所リハビリテーション(要支援1〜2の方)》

A利用基本料金
(1割負担分)
要支援11,721単位/月
要支援23,634単位/月
Bご利用者の身体状況等に応じてかかる費用
リハビリテーション
マネジメント加算
330単位/月リハビリの実施に当たり、医師がリハビリスタッフに対しリハビリの目的や留意事項、中止する際の基準、利用者に対する負荷等のうちいずれか1以上の指示を行うこと。
おおむね3ヶ月ごとにリハビリ計画を更新する。
運動器機能向上加算225単位/月運動器の機能向上に係る計画を作成し、これに基づく適切なサービスを実施した場合に算定。
若年性認知症
利用者受入加算
(対象者のみ)
240単位/月若年性認知症の利用者に対し、個別の担当者を決めてサービスを提供した場合に算定。

《通所リハビリテーション(要介護1〜5の方)》

C要介護度6時間以上8時間未満3時間以上4時間未満
利用基本料金(1割負担分)
要介護1670単位/回446単位/回
要介護2801単位/回523単位/回
要介護3929単位/回599単位/回
要介護41,081単位/回697単位/回
要介護51,231単位/回793単位/回

※上記単位数×10.17したものが1回の利用金額となりますが、1月の利用回数により、実際の請求額とは誤差が生じる可能性があります。

Dご利用者の身体状況等に応じてかかる費用
入浴介助加算50単位/回入浴介助を行った場合に算定。
リハビテーション
マネジメント加算(Ⅰ)
330単位/月各利用者の状態に応じたリハビリ実施計画書を作成し、計画に基づいたリハビリを実施し・見直しを行っている場合に算定。新規利用者について、利用1月以内に居宅を訪問し、リハビリテーション提供計画を策定する。
リハビテーション
マネジメント加算(Ⅲ)
6月まで
1,120単位/月
上記リハビリテーションマネジメント加算(Ⅰ)の要件に加えて、定期的なリハビリ会議の開催や医師によるリハビリ計画及び状況説明等を行っている場合に算定。
7月から
800単位/月
リハビリテーション
提供体制加算
6~7時間
24単位/回
リハビリテーションマネジメント加算を算定している事業所において、常時配置されている理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の合計数が、利用者の数が25又はその端数を増すごとに1以上である場合に算定。
3~4時間
12単位/回
栄養改善加算150単位/回管理栄養士を1名以上配置していること。
利用開始時に摂食・嚥下機能及び食形態に配慮した栄養ケア計画を作成し、計画に従い管理栄養士が改善を行っている場合に算定。
栄養スクリーニング加算5単位/回利用者に対し利用開始時及び6ヶ月ごとに栄養状態について確認を行い、情報を介護支援専門員に文書で共有した場合に算定。
短期集中
個別リハビリテーション
実施加算
110単位/回退院(所)日又は認定日から起算して3月以内の期間に行われた場合に算定。
認知症短期集中
リハビリテーション
実施加算(Ⅰ)
240単位/回退院(所)日又は通所開始日から起算して3月以内の期間に行われた場合に算定(週2回を限度)。
送迎を実施しない場合-47単位/片道送迎を実施しない場合、片道につき左記金額を減額

※上記の時間以外の利用(短時間・延長等)につきましては、別途ご相談下さい。

E処遇改善加算(Ⅰ)ひと月の利用総単位の4.7%
特定処遇改善加算(Ⅱ)ひと月の利用総単位の1.7%
サービス提供体制強化加算(Ⅰ)要支援148単位/月
要支援296単位/月
要支援1〜512単位/日
介護保険サービス以外の料金《実費負担分》
F(共通)その他日常生活に要する費用
食費600円レクリエーション材料費資材による
おむつ・紙パンツ110円尿取りパッド30円
延長費用
(営業時間外)
30分につき500円
食事キャンセル料ご利用当日の8時までに利用中止のご連絡を頂けない場合は、
当日分の食事キャンセル料として500円を申し受けます。
料金の計算方法
要支援1、2の方ABEF
要介護1〜5の方CDEF
入所料金表 PDFファイル
ページトップへ移動