リハビリテーション部門メインイメージ

リハビリテーション部門

平成22年7月より既存の介護保健サービス(介護老人保健施設、デイケアセンター)に加え、外来リハビリテーションと訪問リハビリテーションを開設し、医療保険でのサービスも充実できるようになりました。

さらに、平成23年12月に各務原リハビリテーション病院を開設することにより、急性期以降の治療を入院から在宅生活まで、総合的にサポートさせていただく体制が整いました。

今後も地域の皆様が安心してご利用していただけるように、また、切れ目のない医療・福祉サービスが提供できるよう、スタッフ一同積極的に取り組んでいきます。

リハビリテーションとは?

Re(再び)+hbilis(適した)+-ation(~にする)『再び適した状態にする』

『人間らしく生きる権利の回復』

1969年 WHO-世界保健機構

『リハビリテーションとは、医学的、教育的、職業的手段を組み合わせ、かつ相互に調整して、訓練あるいは再訓練することで、障害者の帰納的能力を可能な最高レベルに達せしめることである』と言うように、リハビリテーションは「医学的な要素ばかりではなく、障害を持たれた方に対して色々な手段を用いて、今まで生活していた環境に戻っていただく」という意味合いがあります。それは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士だけではなく、すべての病院・施設スタッフ、患者様・利用者様、ご家族の方、地域の方等 が協力し合って達成できる事であると考えています(チームアプローチ)。

各部署のリハビリテーション紹介
当院の特徴

当院のリハビリテーション室はサービスステーション・食堂のすぐ隣に設置されておりリハビリをやりにリハビリテーション室へ行くのではなく、生活そのものがリハビリと感じていただける設計となっております。また治療効果の高いと言われている免荷歩行装置やレッドコードなどを使用し、質の高いリハビリテーションを提供することができます。

レッドコードを使用したスリングセラピー

レッドコードと呼ばれる天井から吊るされた赤いロープを使用し、さまざまな運動を行います。
骨折後や脳卒中後のリハビリなど幅広く疾患に活用でき、当院では日常生活の動作練習にも生かせるよう台所や洗面台にも設置されております。

レッドコードを使用したスリングセラピー

免荷歩行装置を使用した歩行訓練

免荷歩行装置は、脳卒中後、骨折後などさまざまな分野において使用される機器です。術後・受傷後早期で自己の体重を支えきれない方は今まで歩行練習を行うことができませんでしたが、免荷歩行装置を使用することにより早期から歩行練習を実施することが可能になりました。

免荷歩行装置を使用した歩行訓練

ページトップへ移動