個人情報保護方針についてメインイメージ

個人情報保護方針について

「医療法人社団 誠道会」では、患者(利用者)の尊厳を守り安全に配慮する理念の下、お預かりしている個人情報(患者情報)についての規定を設け、以下の通り取り扱います。

※患者情報とは、医療法人社団誠道会が運営する医療・介護サービス事業所を利用される患者(利用者)又はその家族に関する情報であって、当該情報に含まれる個人名、住所、その他の記述等により、患者(利用者)本人を識別できるもの、及び当該情報のみではないが、他の情報と容易に照合でき、それにより患者(利用者)本人を識別できるものをいいます。

収集の目的

当法人が運営する医療・介護サービス事業所において、適切な医療又は介護サービスの提供を行う為に、患者情報を収集します。なお、私どもが求める患者情報を提供いただけない場合は、その後の連絡、サービス提供等に影響する事があります。

利用及び提供の原則

お預かりした患者情報は、前項の収集目的及び行政や他の医療・介護サービス事業所への情報提供のため利用します。また、第三者からの問い合わせに対しては、問い合わせ者が確認できる場合にはお答えさせていただきます。第三者とは、患者の関係者(ご家族、身元引受人等)以外の方で、法人が提供するサービスに直接関連がない者をいい、次のように対応させていただきます。

面会者から問い合わせをされた場合

  1. 相手確認をします。
  2. 利用目的を確認します。
  3. 問い合わせの妥当性に対し、必要最低限(最近のご様子等)でお答えします。

お問い合わせ者の本人確認が困難な場合

電話での問い合わせ等、本人確認が困難な場合は、患者の所在説明のみとします。
(例)現在、入院されています。○○日に退院されました。詳しくはご本人かご家族にお尋ね下さい。

収集目的の範囲外の利用及び提供の場合の措置

前項で示した収集目的の範囲外での情報の利用及び提供をする場合は、事前に通知し、その同意を得た上で行います。

安全確保について

お預かりした患者情報は当法人が適正且つ厳重に管理します。また、患者情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩など、患者情報に関するリスクに対し合理的な安全策を講じます。

患者情報を外部に提供する場合の措置

お預かりした患者情報を外部(行政、他の医療・福祉機関等)に提供する場合は、情報の保護水準を十分に満たしているものを選定します。

情報主体からの要求

お預かりした患者情報の開示・訂正・削除・利用の停止等の申し出があった場合は、患者本人、またはその代理者に確認のうえ、合理的な方法で速やかに対処いたします。但し、生命の安全に関するなど、適切な医療・福祉サービスの提供に影響を及ぼすと当法人が判断をする場合は、この限りではないものとします。

ページトップへ移動