介護老人保健施設として運営してまいりました当施設は、これまで、介護医療院と同じくらいの医療的管理や看取り・ターミナルケアを行ってまいりました。しかしながら、医療ニーズの増加に伴い、医師や看護職の配置が更に必要と考えるようになりました。よって、誠道会の理念に基づき「誠の心」で更なる充実した施設を目指すため、介護医療院の体制作りに踏みきりました。

これまで以上に、医師を中心としたケアチームの活性化を図り、その人らしい生活の場として、医療と看護・介護・リハビリテーションの総合的な提供に努力したします。
特に、「自立支援」「認知症ケア」「ターミナルケア」を 3 本の柱として、職員研修を充実させ、「その人らしい生活の実現」に力を注いでまいります。

その方の残存機能を活用し、その方の潜在能力を引き出す支援

平等な存在・優しさ・親密さ・正直さ・信頼感を伝える支援

苦痛の軽減とともに「さみしい思い」をさせない支援

当施設の理念である「誠の心」の実践とは、「その人を大切にする行動」と考えております。利用者様とご家族様のお気持ちを大切に行動できる介護医療院に成長してまいる所存です。

何卒、ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

入所日より3ヶ月間の間、週に3回~6回のリハビリを受けることが出来ます。

集中してリハビリを受けることが出来る為、身体機能の向上や、日常生活で必要な動作の獲得、歩行能力の向上などの可能性を見込むことが出来ます。

機能が向上することで、余暇活動やレクリエーション等に積極的に参加でき、施設内での生活の自由度が向上します。

専門のセラピストによる個別リハビリテーションを実施します。

定期的に施設内での生活を多職種で評価・意見交流を行います。その場で得られた情報をもとにリハビリ内容を立案します。多職種で連携し、利用者一人一人に合わせたリハビリを行うことで、よりよい治療効果を得ることができます。

また、リハビリテーションでは機能改善だけでなく、コミュニケーションを積極的に行うため、施設生活を送る上でのご相談や、困っていることをお聞きすることができます。聴取した内容は必要に応じて現場に昇華し、よりよい生活環境を整えられるように努めています。

リハビリの一環として、週に1回集団リハビリを提供しています。集団リハビリは、ご本人が興味のある活動を提供しています。目的は、生活の中で楽しみを持って頂くこと、入所者様同士での交流による仲間作りなどとしています。入所者様に、興味のある活動を伺い、そこで挙げられた活動への適応なども考慮してクラブ活動(カラオケ・囲碁・将棋・手芸・書道)に参加していただいています。

集団リハビリの目的

  • 本人の興味ある活動の提供
  • 生活の中で楽しみを持っていただく
  • 離床時間の延長
  • 生活の中で楽しみを持っていただく
  • 曜日を固定しメリハリのある生活を送っていただく
  • 社会交流の場を設け、入所者様同士でのコミュニケーションを促進する

クラブ活動の例

カラオケ毎週月曜日 10:30~11:30
囲碁・将棋・手芸・書道毎週金曜日 14:00~15:00

介護老人保健施設では合計113名の方が入居することができます。

すごくあったまる機械浴と大きな一般浴

週2回の楽しみ、すごくあったまる機械浴と大きな一般浴。
まるで、温泉のようです…「菜の花の湯」。
浴室のリニューアルが行われ、新たな入浴機器も導入しました。

入浴日

3F、5F月曜日、木曜日
4F火曜日、金曜日

時間

男性9:00〜10:00
女性13:00〜15:00
  • 月に一回ボランティアの方との交流会
  • 毎週水曜日、3F 10:30〜、4F 14:30〜、5F 14:00〜より歌レク活動
  • レクリエーション活動など空いた時間に各フロアーで実施

入所についてのご相談

地域医療介護連携室

058-384-8181

その他のご相談

各務原リハビリテーション介護医療院

058-384-8399

〒509-0124 岐阜県各務原市鵜沼山崎町6-8-2
各務原リハビリテーション病院 A棟 3F/4F/5F

058-384-8399

058-384-2102

医療法人社団 誠道会は、あなたの能力を必要としています。
詳細は採用情報の募集内容をご確認ください。

地域サービス
地域リハビリテーションセンター